アワード

TMRCメンバーが受け取った注目すべき賞

助教 藤田 諒

筑波大学

2020年12月 再生医学分野の藤田諒 助教が第6回日本筋学会学術集会において Young Investigator’s Award 優秀賞を受賞しました。 発表タイトルは「選択的タンパク質翻訳機構による骨格筋幹細胞の幹細胞性維持メカニズム」です。

教授 松坂 賢

筑波大学

一般社団法人日本糖尿病学会2020年度リリー賞

詳細

教授 高橋 智

筑波大学

高橋智教授が令和2年度日本実験動物学会 安東・田嶋賞を受賞しました。受賞名「Large Maf転写因子群の機能解析とヒト疾患との関連解明

詳細

教授 加藤 光保

筑波大学

2020年6月 加藤光保教授は日本病理学会で宿題報告を行いました。

教授 高橋 智

筑波大学

髙橋智教授(医学医療系)が、令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(科学技術振興部門)を受賞しました。受賞の対象となった研究業績は、「宇宙マウス飼育システム開発から健康長寿と有人探査への貢献」です。

科学技術分野の文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的として行われているものです。

詳細

教授 高橋 智

筑波大学

医学医療系の高橋智教授とJAXA Mouse Epigeneticsチームは,世界で初めて宇宙で1Gコントロールを含めたマウスの飼育を行い,また,日米の研究者間でサンプルシェアにより,生物学/生理学の発展に大きく寄与するデータを取得したことが評価され,ISS R&D Conference において2018 ISS Award for Compelling Resultsを受賞しました。

ISS Research Awardsについて ------- イノベーションの創出や顕著な成果等,国際宇宙ステーション(ISS)で素晴らしい成果を上げた研究を選定し,表彰するものです。米国のAAS(American Astronautical Society)が,NASAやCASIS(The Center for the Advancement of Science in Space:米国のNPO法人)や各国際パートナーからノミネートされた候補より選び,毎年米国で開催されるISS R&D Conference(NASA,AAS,CASISが主催するISSの様々な活動を紹介するイベント)の中で表彰しているものです。2018年は,高橋教授らを含む計7件が選ばれました。

詳細

教授 福田 真嗣

筑波大学

文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術への顕著な貢献2015(ナイスステップな研究者) 「腸内フローラの機能解明を目指した基礎研究成果から、腸内環境デザインによる健康長寿社会を実現するバイオベンチャー企業の設立」 2016年2月12日

教授 松本 正幸

筑波大学

2015年 JSPS Prize (日本学術振興会賞)

教授 福田 真嗣

筑波大学

科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 「統合オミクスによる腸内共生システムの研究」 2013年4月16日