人材養成目的、及びディプロマ・ポリシー

人材養成目的

フロンティア医科学は、基礎医学、臨床医学、医学物理学、橋渡し研究、レギュラトリーサイエンスなど、幅広い領域をカバーする学際的な分野である。本プログラムでは、医科学の包括的基盤教育をベースに、社会的ニーズに対応した実践的で幅広い医科学関連領域の教育・研究を行い、研究者・大学教員あるいは高度専門職業人として安心で健康な社会の実現と維持のために活躍する人材を養成する。

養成する人材像

・医科学全般の基盤的知識と専門領域の深い学識と研究能力をもって大学等の教育研究機関において医科学分野での研究の推進や新分野の開拓に貢献し得る人材
・医科学全般の基礎的知識と社会ニーズに合わせた専門領域の知識をもって医療に関係する企業等において研究開発や医療関連業務に携わる人材
・医科学全般の基礎的知識と専門領域の実践的な知識をもって医療機関等において医療の安全や健康増進に資することができる人材

ディプロマ・ポリシー

筑波大学大学院学則に規定された要件を充足し、医科学分野における研究能力を証明するに足る修士論文を提出したうえで、次に示す能力を有することが最終試験によって認定されたものに授与される。

(汎用的知識・能力)

1.知の活用力:高度な知識を社会に役立てる能力
2.マネジメント能力:広い視野に立ち課題に的確に対応する能力
3.コミュニケーション能力:専門知識を的確に分かりやすく伝える能力
4.チームワーク力:チームとして協働し積極的に目標の達成に寄与する能力
5.国際性:国際社会に貢献する意識(専門的知識・能力)
6.基礎知識の活用力:基礎医学、臨床医学、社会医学にまたがる包括的な医科学の基盤的知識を活用する能力
7.実践的能力:医科学に関する高度な専門知識と運用能力
8.研究能力:医科学に関する先端的な研究を計画し完成させる能力
9.課題解決能力:医科学分野における専門領域の深い学識を基礎として、当該分野における課題を抽出し解決する能力
10.倫理観:医科学に関わる研究者・高度専門職業人にふさわしい高い意識と倫理観

修了後の進路

・博士後期課程への進学
・大学、研究所及び公的機関での教育及び研究職
・製薬、食品、医療機器等を含む企業への就職
・病院を中心とした医療施設での専門職(医学物理士、放射線治療品質管理士など)
・福祉関係の施設での専門職
・医薬品・医療機器などの臨床開発職(プロジェクトマネージャー、モニター、CRC など)

詳細は大学院スタンダード(PDFファイル、p77から)をご覧ください。

概要

TMS Press

医学カレンダー

パンフレット・ポスター

facebook twitter

pagetop